リライフ中山スタッフ紹介

小池 美佐管理者・看護師

self intoroduce.

私が看護師になったきっかけは、父の病気でした。約4年間の闘病生活は、手術・放射線や抗癌剤治療、リハビリのため、病院へ入退院の繰り返しでした。その中で様々な看護師さんとの出会いがあり、父のことだけでなく、家族に対して忙しい中でも優しく時には厳しくケアしていただいき、看護師さんの笑顔が支えになったのを今でも覚えています。当時私は小中学生でしたが、自然とこのように人の役に立ちたいと思い、看護師になりました。

病気と向き合うことは辛く悲しいこともありますが、私が体験したように少しでもみなさんが笑顔になれるようなケアがしたい!という思いをいつまでも忘れずに、その人らしさや望んでいることを大切に患者さんやご家族と関わり、看護していきたいと思います。

reason for being RELIFE.

大学病院、総合病院で内科・外科を経験し、日に日に在宅療養へ移行される患者さんに多く関わるようになりました。病院では退院後の自宅での生活を想定し、支援していきますが実際に生活してみないと分からない点も多く、自宅での生活は困難ではないかと感じることもありました。しかし私は、患者さんが自宅で過ごすことを希望しているのであれば、全力で支援したいという思いから、病院で送り出す側から、在宅で迎える側に携わってみたいと訪問看護に興味を持っていた頃にリライフとの出会いがありました。

リライフの理念である「生活を見直し、前向きに生きていただく」「生活環境を改善し、幸せな良い人生をおくっていただく」に共感し、単に「患者さん」に関わっているのではなく、人生の一部に関わらせていただいていることを忘れずに、その方がどんな人生を生きてきたのか、生きたいのか思いをはせ ながら、寄り添うご家族の思いも敏感に察知しながら看護したいと思いリライフを選びました。

スタッフは20~30代と若さに満ち溢れており、笑顔が絶えない職場です。スタッフ間の連携がよく図れており、常に患者さんやご家族のことを考え、より良いサービスが提供できるよう努力している姿が頼もしく、そんな環境で働けることに感謝しています。

MISA
KOIKE

杉浦 彩理学療法士

self intoroduce.

2017年10月よりリライフ中山に入職しました理学療法士です。高校時代、ダンス部に所属しており、全国大会直前に足を怪我したことが理学療法士を目指したきっかけです。以前は回復期リハビリテーション病院に勤務しておりました。回復期病院では、退院後の生活を見据えたリハビリを行い、日常生活動作の向上、自宅・社会復帰の支援を中心に関わらさせて頂きました。私は、その方らしく生活できるよう共に考え、悩み、寄り添うリハビリを心がけています。

reason for being RELIFE.

以前、回復期病院では病棟・訪問リハビリの両方を経験しました。その中で、利用者様の生活をサポートしていくためには、看護師と情報共有し、連携を図ることが重要なことだと痛感しました。リライフ中山では、利用者様のことで悩んだりすることがあれば看護師・理学療法士が一緒に同行し、意見交換をすることが出来ます。年齢が近いスタッフが多く、明るく元気で活気のある職場です。

AYA
SUGIURA

今井 敦子理学療法士

self intoroduce.

バスケット馬鹿。それが、私の高校時代を象徴する言葉です。バスケットボール部に所属 し、学生生活の大半を部活に費やしました。私達の学年が、チームを引っ張っていく時期 を迎えた夏休みの試合中に、膝の靭帯を切る大怪我を負い、復帰には手術が必要になりま した。
プレーの調子も上がってきており、バスケットをすることがとても楽しい時期だったため 「なんで私が」といつも心の中で唱えては、落ち込むという心身共に辛い時期を過ごして いました。
大好きなチームメイトと高校三年の引退試合に出場する事を目標に、手術と半年以上に渡 るリハビリを決意しました。
手術を終えても「復帰が出来るか不安」「みんなと差が出る焦り」「あの時しっかりスト レッチをしていれば…という後悔」など、沢山の感情に押し潰されそうになっていました 。その辛い時期、心と体を支えてくれたのは担当の理学療法士でした。私の心情に、とこ とん向き合って下さった事に心から感動し、「私も、辛い想いをする人を支えたい」と、 理学療法士を志すようになりました。

学生時代に行われる病院実習先は、沖縄県の回復期病院でした。その時に、人の優しさ・ 人の生活に携わる尊さを知りました。「患者さんの生き様を知り、その人という個人を見 る」視点を養う目的で、沖縄県の病院にそのまま就職しました。

reason for being RELIFE.

私は元々、旅行に同行する外出支援や、訪問看護ステーションで働いた経験がありました。リライフで働く職員の熱意ある仕事ぶりと、看護・リハビリを主軸に、とてもチームワークの良い職場環境だったため入社を決意しました。
20~30代と若いスタッフが多い職場ですが、柔軟な対応がとてもスピーディーで、日々仕事をしていて勢いを感じます。そして、とにかくスタッフが元気です!共に働けるようになって、心から嬉しく思います。
地域のご利用者様、関係者様の「暮らしの中での困りごと」に親身に寄り添い、諦めない。そして、その人らしい暮らしを共に作り上げていけるステーションでありたいと願います。

ATSUKO
IMAI

江口 寛乃看護師

self intoroduce.

以前、他の業界で働いていた時期に、祖父を看取る経験をしました。そのとき、本人と家族にとって納得のいく死を迎えるお手伝いがしたいと思い、看護師を目指しました。
総合病院の消化器内科病棟に勤務し、看護師として患者様を看取るなかで、「いい死を迎える」ということは、「その人らしく生きる」ことなのだと感じました。

その経験から、本人やご家族がその人らしく過ごすことのできる訪問看護に興味を持ちました。
ご利用者様やご家族様が、いきいきと笑顔で過ごすためのお手伝いがしたいと思っています。

reason for being RELIFE.

入職前は、訪問看護の道に進むことにまだ迷いがありました。しかし、志をもつ素敵な先輩と出会い、リライフ中山へ入職することを決断しました。
リライフ中山のスタッフは、ご利用者のことを本気で考え、心のこもったサービスをチームで提供しています。
その一員として働けることに感謝をし、ご利用者とご家族の力になれるよう、私も日々努力し続けたいと思います。
私生活では、子育て中のママでもあります。看護と育児の貴重な経験を、両方楽しみたいと思っています。

HIRONO
EGUCHI

川村 麻美言語聴覚士

self intoroduce.

2018年9月にリライフ中山へ入職しました。言語聴覚士をしています。リハビリスタッフの一人ですが、言語聴覚士はまだまだ知られていない職種です。言語聴覚士というリハビリの人がいるということを、少しでも多くの方に知ってもらいたいと思っています。
簡単に言うと、食べること・話すこと・会話をすることに関するリハビリの専門家です。私は、療養型病院で長く勤務していました。病院が生活の場になっている方が多くいらっしゃいました。リハビリとしては安定した時期を迎えた方が多く、大きな一歩を目指すというよりは、少しでも好きなものを口から食べたいという食への思いや、自分の言葉をなんとか伝えたい、聞いてほしいといった思いを日々考え、小さい歩幅でもその方に喜びを感じていただけるようリハビリを行い、学ばせていただきました。
その方の生活や人生にとって大切にされていることに寄り添っていけるよう心掛け、これからもたくさんのご利用者様とリハビリで関わらせていただきたいと思います。

reason for being RELIFE.

遡れば、リハビリについて学び始めた学生時代から訪問の世界に目を向けていました。言語聴覚士として働き始め、さらにその思いは強くなりました。生活している場を自分の目で見て、ご本人やご家族から話を聞いてリハビリすることでその方の生活をさらにより良くしたいと考えていました。
リライフ中山のスタッフは若手のスタッフが多いですが、ご利用者様への熱量は非常に高く、コミュニケーションも活発でした。看護師、理学療法士、言語聴覚士の職種の隔たりなく意見を交わし情報共有し合える明るい職場です。

ASAMI
KAWAMURA

宮下 陽子看護師

self intoroduce.

中学の頃、祖父の死を目の当たりにしたことから看護師を目指し、短大を経て正看護師となりました。

10年近く一般病棟で勤務し、ICU・内科・外科・整形外科・緩和ケア等様々な看護を経験することができ、今回リライフ中山で訪問看護師として働くことになりました。

プライベートでは、ダーツをお酒のつまみ程度に楽しんだり、実家で飼っている犬と遊んだりすることでストレス発散しています。

reason for being RELIFE.

10年以上看護師として病院で働いている中で、家族の大切さや自宅で過ごす事の大事さを感じることが多々ありました。自宅で祖父を見送った経験もあり、自宅で過ごすお手伝いが出来たらいいなと思い、今回縁あってリライフ中山で働かせて頂く事となりました。

和気あいあいと何でも話せる人たちばかりで、毎日笑って過ごしています。利用者様のちょっとした変化でも、情報共有や相談を日常会話のようにみんなで話し合っている姿がとても素敵だなと思いました。若いメンバーが多く活気がある職場です。

YOUKO
MIYASHITA

佐藤 智子看護師

self intoroduce.

初めまして。2019年4月に入職しました佐藤智子です。宜しくお願い致します。
夫と小学生の子どもたち3人の5人家族です。
知らないことを知ること、人の話を聞くことが大好きです。
美味しい食事と美味しいお酒(どんな種類でも‼)大好きです。
体を動かすことが好きです。中学~短大までソフトボールでピッチャーをしていました。
音楽や歌うことも大好きで短大時代はバンドを組み、ボーカルとベースを担当していました。
現在は週末のウォーキングが楽しみの一つ。家族でキャンプにも行きます。冬の間は行けなかったので、これからの季節とっても楽しみです。

「何事も無駄な経験はない。起こる事には全て意味があり、そのひとつひとつが自分を育てる。」ということを大切にしています。今までの看護活動と子育てを通して多くの学びがリンクし私たち家族を成長させてくれたと思っています。
様々なことやものが混在し、情報が溢れている世の中。必要なことやものをその都度選び取りながら、できるだけ自然に無理なく自分が自分らしくいられる生活を心がけています。

reason for being RELIFE.

私は幼少期から看護師になりたいと思っていました。祖父母宅で曾祖母が療養していた時、往診医の先生が来ていました。町の中に診療所があり、通院したり、それができない時には往診に来てもらったり・・・そんな当たり前の光景が医療を志すきっかけだったのかなと思います。大切な家族をそっと支える存在。困った時の頼れる存在。そんな姿に憧れたのだと思います。

卒後は総合病院の周手術期~終末期までの看護の基礎を学びました。その後、病院を退院した患者さんが介護保険を利用してどのように生活しているのかに興味を持ち、介護老人保健施設の入所施設に勤務しました。ケアマネはじめ、相談員、リハビリ職、介護職、看護職が一丸となり在宅療養を支える、または在宅復帰に向けた生活を立て直す場として機能していること、またその中での病院とは違う看護の役割を学びました。そして居宅介護支援事業所、訪問看護事業所、老健が併設の療養型病院に勤務。在宅時々病院、在宅時々老健、病院⇔老健のトライアングルの機能を目の当たりにし、どんな状況でも環境さえ整えば、在宅療養を継続させていけるのだと分かり、在宅で療養するとはどういうことだろう?と思い、訪問看護の世界に飛び込みました。

初めは戸惑いと力量のなさを痛感し、今までしてきた看護を悔いました。看護をする上で大切なことが在宅には詰まっている、そう感じました。5年間訪問看護を経験し、リライフには自分のステップアップのために入職しました。ご利用者様、ご家族様を中心に、取り巻く全ての人が安心してその生活を支えるためにお手伝いができるよう、スタッフ一人一人と協働し成長していける事業所だと思っています。

TOMOKO
SATOU

江崎 優作業療法士

self intoroduce.

私は2014年からこの仕事をさせていただいている作業療法士です。もともと手先の作業が好きなこともあり、日常生活動作(排泄・入浴・更衣などの動作)や、手芸・園芸などの趣味活動及びレクリエーションまで作業を通じてリハビリを提供するこの職種に興味を持ちました。

資格取得後、急性期から回復期、維持期からなるケアミックス型の病院で4年間勤めてきました。長い期間で同じ患者さまに向き合うことが出来た経験は大きく、一方で退院後の生活について気になるようになり在宅の分野を一から学んでいきたいと思いました。「その人らしい生活・生きがい」を常に考えながらご利用者さま、ご家族さまの生活に寄り添ったリハビリを提供していきたいと思います。

reason for being RELIFE.

病院勤務の経験を得て、退院を目指してリハビリを進めていく中で、病院の規則や時間の関係もあってどうしても介入しきれない部分もあり、実際の退院後の生活が見えてきづらいと日々感じるようになりました。もともといつかは在宅分野で働きたいという思いはあって、訪問看護への転職を決意しました。

地元で働きたい希望もあり、実家から通える距離で1番に紹介して頂いたのがリライフでした。職場内は明るく活気もあって、他職種との情報共有が密に行われていて連携がしっかり取れるようになっています。もしも自分の家族で訪問看護が必要になった場合には是非お願いしたいと思うほど信頼のおける職場です。

EZAKI
YUU

加藤 淳作業療法士

self intoroduce.

2019年5月に入職しました加藤です。2010年から作業療法士として働かせていただいています。今までは東京都板橋区の介護老人保健施設で高齢者のリハビリ業務に従事していました。

私が作業療法士を目指したきっかけは兄が障害を持った時でした。闘病生活を通して、本人や家族の葛藤を目の当たりにし、この思いを持った人がもっと世の中にいるのか・・・自分の経験が少しでもその人たちの役に立てないか?と考え作業療法士になることを決めました。

学校に通い、在宅での生活をサポートする楽しさを知り、高齢者領域へ就職を決めました。資格取得後はその方がより楽しく、在宅生活を過ごして頂くためには?をご利用者と一緒に考えリハビリを実施しつつ、ご本人だけでなく、ご家族のケアも重視し在宅生活をサポートしていました。 今後も作業療法士としてご利用者、ご家族が笑顔で生活できるサポートをしていきたいと考えています。

reason for being RELIFE.

機能だけではなく、対象としているご利用者に寄り添うリハビリを提供したいと考え、生活で活きるリハビリをテーマに作業療法士として働いてきました。今年から横浜に引っ越しをしたのをきっかけにその人が生活している自宅でリハビリをしてみたいと考え、訪問看護に転職しました。

リライフを選んだ理由として、「ご利用者を家族のように思い」という考えに惹かれ、「その人自身に寄り添ったリハビリ」を提供できると考え入職しました。

入職して非常にアットホームであり、スタッフ間が日々ご利用者の情報を共有し、ともに悩み、考え、それぞれの専門性を活かし、その人を包括的にケア出来る体制が整っていると感じています。 私のその一員として頑張っていきたいと思います。

KATOU
JUN
株式会社フューチャーワン
〒226-0013
神奈川県横浜市緑区寺山町518-11
TEL:045-482-6667
Copyright 2015 futureone Co.,Ltd. All Rights Reserved.