淵江 祐衣

淵江 祐衣


YUI FUCHIE

看護師・看護リーダー

自己紹介

私は社会人経験を経て看護師免許を取得しました。元々医療事務として病院勤務をしていましたが、デスクワークより体を動かすこと、他者と会話することが好きであり、病院で働く中で、自分の家族や友人が病気や体調が悪くなった時に何か力になりたいという気持ちが芽生え、看護師を目指しました。

総合病院、大学病院勤務を経て、知人の紹介でリライフを知り、その中で一緒に働きたいと思える看護師に出会ったのが、訪問看護を始めたきっかけです。「やってみなければ何もわからない」と思う私の気持ちに対し、「正しいと思うことをやってみて、その中で自分のやりたい看護を見つけていければいい」と言って背中を後押ししてくれたのが、リライフのスタッフでした。

多くの利用者様やご家族と関わる中で、自分の看護師としての生きがいや理想像を模索しながら、知識も感情も豊かな人間になって、「あなたがいてよかった」と言ってもらえるような看護サービスを提供していきたいです。

消化器、循環器科病棟で勤務する中で、知識を学習し続けてきましたが、訪問看護という自分の知らないジャンルにおいて、地域で病気とともに生活する人々の背景や感情を知り、今の自分は何を感じ、何ができるのだろうか、自分のやりたい看護が発見出来たり、表現出来たりするのではないかと思い、訪問看護を選びました。

リライフの職場はスタッフの年齢が若く、同世代でありとにかく明るい雰囲気で、会話のしやすい環境です。また、看護とリハビリが互いの知識を集結させ、不足しているところを補いながら、互いの力を伸ばし合えるような環境です。また利用者に対する関わり方の相談や情報共有など、リアルタイムに行っています。スタッフそれぞれに個性があり、自分の意見も発言することができますがお互いの意見を尊重し合うこともできています。

リライフ スタッフ一覧